オフィス用品 テープ

紙を同士をひっつけたり、破れた箇所を補修したり、またまた、荷造りに利用したりと様々な場面で活躍するテープはオフィス用品としても頻繁に使用されています。このオフィス用品には様々な種類があり、用途によって使い分けるのが普通ですが、一般的にオフィス用品として使われるテープは皆さんもよく知っているセロハンテープでしょう。このセロハンテープは大きさも丁度良く、気軽に使え汎用性も高いので常備していると色々な用途に直ぐ対応できるため、置いているオフィスは多いと思います。何かをひっつけるオフィス用品はノリや、クリップなど色々ありますが、セロハンテープを使うと接着面が目立たず、さらにノリの用に一度くっつけてしまうとほぼ元に戻せないという事がないのが特徴といえるでしょう。ここではそんなオフィス用品としてのテープについて語ってみようと思っています。

のりかテープか

紙を貼ったりくっつけたりする作業はオフィスにいるとどうしても必要になってくることが多いです。そのときに使用されるのが、糊ややテープといった粘着性のオフィス用品ですが、糊を使うとどうしても、塗りむらが出来てしまって綺麗に仕上がらない場合がありますし、なにより液状の糊は乾くのに時間がかかってしまい、急いで必要な資料などには使えません。また、水分の多い糊を使ってしまうと、どうしても粘着面が水分を吸い込むため紙などの場合はしわしわになって見栄えが悪くなってしまうことが多くあります。確かに粘着面はしっかりして乾けば気にならないため長い時間が使えるなら糊を使った方が良いかもしれませんが、それ以外の場合はテープを使うことになるでしょう。

テープを使った場合は常に同じ粘着力を持った断面ができるため塗りむらといった問題がなく、見た目も美しく貼り付けることが出来ます。仕上がりの綺麗さを重視するならテープ、粘着力を重視するなら糊を使うと有効だといえると思います。

セロハンテープ

オフィス用品として一般的に使われるセロハンテープは、紙などの資料を貼り付けたりすることはもちろん、小さな小包などの箱を梱包したり、ポスターや管理表、カレンダーなどを壁に貼り付けたりする用途でもよく使われます。オフィスにいくと大抵のものがセロハンテープを使って壁に貼り付けられています。これは直ぐ取り外すことができ、貼り付けにそんなに手間もかからないため、とても使いやすくセロハンテープがどれだけ汎用的で、使いやすいオフィス用品かということがわかります。

オフィスで使われるテープにはセロハンテープの他にメンディングテープという物がありますが、それと比べてもセロハンテープは粘着力が強いため、壁などに紙を貼り付けてもはずれて落ちると言うことがほとんどありません。また、粘着性のあるオフィス用品はビニールや、発砲スチロールなどの科学物質系のものに貼り付けようとすると、直ぐにはずれてしまうものが多くあるのですが、セロハンテープの場合はそのようなことはなく、ビニールなどにも安心して使うことが出来ます。また、一般的には透明の素材で出来ているため、遠目からはその存在が悟られにくく、貼り付け面が目立たず綺麗に仕上がるのも特徴の1つです。

recommend



電力のコスト削減を手助け